急いだ方がいい?|40代から介護脱毛を検討する人が増えた理由

NHKで数年前に取り上げられたこともあり、
将来自分が介護を受ける側になるときのことを考えて、
「アンダーヘアを永久脱毛しておこう」と、
ポジティブな選択肢として介護脱毛を考える人が増えてきています。

なぜなら、デリケートゾーンを衛生的に保てますし、肌トラブルも
起きにくくなるうえに、ササッとその部分のケアを済ませてもらえれば
介護を受ける方としても気が楽だからです。

ただ、白髪には永久脱毛の施術として一般的なレーザーが効かなくなることから、
「永久脱毛できなくなる前に」と、
40・50代から始める人が増えているのです。

また、「いつかやる」ともう決心が固まっているのなら、
やはり早いうちに永久脱毛してしまうのがおすすめ。

なぜなら、毛が黒いうちの方があなたの選べる選択肢が多いことと、
方法や体質によっては完了までに数年かかることもあるからです。
その間に白髪が生えたり増えたりてしまう可能性も。

 では、既に白髪があるあなたの選択肢には、どういうものがあるのでしょうか。

本当に白髪は永久脱毛できない? いえ、出来ます

「せっかく決心したのに、実は白髪がある。もう遅すぎたの?」
と思っているあなた。

安心してください。白髪があっても方法はあるんです。

 たしかに脱毛方法として一般的なレーザー処理は白髪には効きませんが、
白髪でも有効な「ニードル脱毛」と「蓄熱式脱毛(SHR脱毛)」という方法があるんです。

ただ、黒い毛の方が「医療レーザー」などの他の選択肢があって
施術を受けやすいのでので、「毛が黒いうちに始めてしまおう」という人が
40代・50代で駆け込みで始めるのです。

なぜなら、「ニードル脱毛」はもっとも即効性のある方法ですが、
痛みを伴うというデメリットがあり、また毛根を1つ1つ処理
しなければならなくなるので白髪が多ければ多いだけ高額になることも。

他方で「蓄熱式脱毛」はまだまだ施術してくれる施設が少ない、
あるいはニードル脱毛に比べて時間がかかるというデメリットがあります。


なので私のおすすめは、まだ間に合うようなら、
黒い毛を医療レーザーで処理し、白い毛の方は
「ニードル脱毛」か「蓄熱式脱毛」で処理することです。

あるいは、「蓄熱式脱毛」を施術してくれる場所がご近所にあるという
とてもラッキーなあなたには「蓄熱式脱毛」をおススメします。

いずれにしても、白髪がないうち、または少ないうちの方が、やはり選択肢は多いのです。

つまり、まだ白髪がない人はもちろん、白髪がある人も
もう「いつかやる」とあなたの決心が固まっているなら
今、決断して始めてしまった方がいいということ。

「ニードル脱毛」を受けるのはクリニック?|費用は

ニードル脱毛を受けられる場所としては2通りあります。



【ただいま工事中です。しばらくお待ちください】